エントリー

カテゴリー「アニメ」の検索結果は以下のとおりです。

ミステリートレイン♪

2012年10月27日(土)

「名探偵コナン」、登場人物多過ぎ。(^^;){#汗タラリ}

もう色々新キャラ出過ぎて訳分からんし、ネタバレしてもいいやーっと、「バーボンは誰だ!」と検索したら……原作では、「ミステリ-トレイン」で正体明かしたらしいですね。
ふだん、ネタバレは極力回避する主義なのだけど、今回はガマンできずに内容までしっかり確認してしまいました。

おぉぉ! 「ミステリートレイン」には、KIDが出るんだ~!{#ハート}\(^o^)/

しかも、快新派にはとってもオイシイ会話をしてくれるご様子{#ラブラブ} アニメになるのが楽しみー……って、いつになるのかな。(^^;) 年内はムリかなあ?{#汗々}

星に願うなら…

2012年08月05日(日)

一番くじ 夏目友人帳 トリビュートギャラリー~星空の下で~ のCM動画(プロモーションビデオ)。
久しぶりに聴く夏目の声に、思わず泣きそうになってしまった{#汗々}(ほんとはちょっと泣いた。(^^;){#汗タラリ}

やっぱり、たまらなくこの世界が、夏目が好きだなあ。

私が 猫バカ 猫好きと知っている人は、にゃんこ先生を見て、「あ、なるほど。(だから、この作品が好きなのね)」と納得する人が多いんだけど、私が一番好きなキャラはにゃんこ先生じゃなく、夏目なんです。
むろん、にゃんこ先生も好きですよ。彼(?)は夏目と夏目の世界を構成する大切なファクターだから。

アニメ「伍」。実現しますように。
いま、一番に願いたいことかな。
「願いが叶ってしまうことの貴重さ」を実感させてください、夏目くん(……じゃなくて、製作者様)。(苦笑)

ロンドン帰りの名探偵より

2012年07月29日(日)

小さな名探偵か、できれば東の高校生探偵を出してほしいんですけど。

最近、「KID」が独立してしまって、「コナン」に出て来なくなっちゃってつまんない~{#グスッ}
どうせKIDを独立させるなら、コナン設定無視で工藤新一を出してくれてもいいと思うんですけど。ロンドン帰りの名探偵って白馬 探だよね。まあ、もともと「まじっく快斗」のキャラだしな。原作通りっちゃ原作通りなんだろうけど。

「天空の難破船」ばりのKID×新一(コナン)の絡みが見たいぞー!!ヽ(*`□´*)/

以上、快新派の心の(?)叫びでしたー。

きれいな星の上で生きていると

2012年06月15日(金)

唐突だけど、「スプーンおばさん」の世界が私の理想です。

って、小さくなりたいわけじゃなく。
ああいう自然の中で平和に素朴に優しく生きられたらいいな~っていうね。
現実には、意外に難しいことなんだけど。

華やかな世界に憧れる気持ちがゼロだというと嘘になるけれど、派手で起伏の激しい人生よりも、平凡でも穏やかな人生を生きたいと思う今日この頃です。うぅむ。

ってわけで、「ヒマラヤ・ブルー」がKinKi Kids Songsの中で私のダントツ1位です。(あまり話が繋がってないぞー{#汗タラリ}

 

超下戸なので、酔っ払って書いているわけじゃありませんw
昨日からの心配ごとが(たぶん)落ちついたっぽくて(まだ油断できないけど)、ちょっとホッとしただけ。(苦笑)

年明けテレビ覚え書き

2011年12月23日(金)

自分のための覚え書きです~。ごめんなさい{#汗々}
ここにメモっとくのが探さなくて一番いい方法なもので。``r(^^;)

・相棒元日スペシャル「ピエロ」 2012年1月1日(日・祝)元日午後9:00~11:30

・アンラッキー研究所 2012新春SP(仮)1月2日(月)午後 11:19~深夜0:49

・夏目友人帳 肆(し) 2012年1月2日(月曜深夜)1:30~

・デカワンコ「Dekawanko Special Mission」2012年1月7日(土)午後9時~

DVDは番組表から予約できて、時間がズレても対応してくれるのは便利でいいんだけど、1週間以上先の番組は予約できないのが難点だな~。(^^;)

なぜか水曜だけ「どヤ」のレポをしてみる

2011年01月13日(木)

王子担当だった先週もだけど、剛くん担当の今週も、水曜日の分だけ「どヤ」のレポをしてみます。
水曜日だけなのは、特に意味はなし。たまたま。(笑) 今後もするかは不明ですし。レポって苦手なのよね{#汗々}

まず最初は、先週と同じくgooランキングから。
サスペンスドラマでありがちなことランキング

1位 主人公が行く先々で必ず事件が起こる
2位 犯人を追いつめる場所は岸壁が多い
3位 舞台が京都
 :
5位 一般人なのに刑事さながらのお手柄
 :
7位 ラストに主人公が犯人を説教する
 :
9位 「どこに証拠があるっていうんですか」という人はたいてい犯人

「1位、これ、『金田一少年の事件簿』の金田一君がまさにこれやった。金田一君が行くとこ事件が起こる。気づいたらええのに。“お前、家おったら?”って思うよね。
あと、5位も、金田一君もそうですから。彼は普通の学生ですよね」
だそうです。(笑)
確かに。まあ、それ言ったら「名探偵コナン」のコナン一家(一家?(^^;))もそうだよなあ。あっちはもっとすごい。何せ今年で15周年だからねー。15年間、年も取らずに毎週事件に遭うコナン。(笑) コナンこそ家でじっとしていれば事件は起こらないんじゃないかと思う。(爆)

剛のフィッシング天国
「魚の形をしたルアーには、どんな魚でも食いつくんですか? ちょっと頭のいい魚だったら、ルアーだと気づかないものなのでしょうか」という質問。
「60cmくらいの大きさの魚はそれなりに頭がいいので、ルアーだと見破ることもある」のだそうです。
魚の頭の良さ(?)って、大きさに寄るんですか。なんで? 脳の大きさの違い?(^^;) よくわかりませんが、剛くんに寄ると「大きな魚の方が頭がいい」ということらしいです。
それと、ルアーはけっこう高くて、釣りに行くと、隣りで釣っていたおじさんがいきなり「あっ」とか言い出すことがあって、何かなと思うと、
「ルアー、取られちゃったよ。800円したのになあ。かみさんにムリ言って買ったのに」とか、「内緒で買ったヤツなのに」とか独り言を言っているのが聞こえてくるそうで、
「色々な事情が聞こえて来るのでそれもおもろい」そうです。(笑)

お別れショートポエム。

英語の勉強をしています。長文です。長いです。ボブはサリーが好きだそうです。

剛くんの感想は、「ここに充てる関西弁は、『知らんがな』」だそうな。

「英語、しゃべれるといいなと思うけど、興味ないんで勉強できないです。
関西弁しゃべる人って、英語必要ないんですよね。勢いで通じちゃうとこあって、関西弁って外国語みたいなもんで、しゃべれてるみたいな気分になっている」だそうです。

うーん、わからん。どういう理屈だ、それは?(^^;) 関西弁が英語みたいなもんだなんて、初めて聞きましたよ? 剛くんって、時々訳分からないこと言うな~。(笑)

〆の言葉は、
「英語は勉強しておいて損はないので、ボブはサリーが好きなんだな、という勉強をしてください」
でした。

レポ終わり。

やっぱり慣れないことすると疲れる{#汗々} 続けてやるのは私にはムリそう~{#汗タラリ}
いつも詳しくコンレポやラジオレポ書いてくれてる人たち、尊敬します!

来週は光一くんかな。せっかくクリアに聴けるようになったことだし、2人どヤが聴きたいけどなあ。

終わらせたくなかったけど

2011年01月02日(日)

屍鬼」が終わっちゃったな~…{#…}

といっても、最終回は昨年12/31の放映だったんですけどね。(^^;) 終わらせたくなくて、しばらく録画したまま無視(笑)してたんですが、やっぱり気になっちゃって、さっき観てしまいました。

久々にハマったアニメでした。
とはいえ、最初にアニメ「屍鬼」を観た時は頭を抱えて、
「小野せんせ~、なんでこんなキャラデザでのアニメ化を許可したんですか~っ!」
と、思わず涙目で西に向かって文句言ってました{#(^^;)}
だって、あまりにもアニメアニメした絵柄なんだもの{#汗々} 現実にはあり得ない髪型、髪色――清水恵なんて、ピンクの髪にゴスロリ。千鶴に至ってはボンテージファッション! 桐敷正志郎や看護師の律子さんの髪もどびっくりだったけど、辰巳の髪なんて、どう見ても猫耳……{#(¨;)} いや、辰巳は人狼だから犬耳か。(どっちでもいい)
まあ、誰ひとりとしてまともな外見のキャラがいない。「だめだこりゃ~{#がーん}」って思いましたよ。
私としては、せめて「魍魎の匣」くらいに劇画風なタッチでやってほしかったんですよね。少なくとも、現実にあり得ないような髪色や髪型や白眼のない目などはご遠慮いただきたかった{#汗々}

それでも、観るのをやめる気にならず、なんとなく観続けていたのですが……人間、多少の違和感には慣れるものですな。話数が進むうちに、すっかりストーリーに引き込まれて、絵柄があまり気にならなくなっていました。それでも、新キャラが出る度に、そのルックスに度肝を抜かれてましたが。尾崎の若先生の奥さんの髪型もひどかったもんなあ。(;^_^A

原作とは違った展開もありましたが、とにかく物語の構成がしっかりしていて、ブレがないんですよね。原作とは違う箇所にも、綿密に練られたアイディアが生きていて、矛盾を感じませんでした。
小説を映像化する際、どうしても表現できない部分というのがあって、それを何とか映像にあてはめようとして、変に捻じ曲げてしまったり、或いは全く別物にしてしまう映画やドラマは何度も観てきましたが、「屍鬼」は、原作を生かしながらアニメ独自の世界観を作り上げていて、私にはそれが、原作とは似て非なる1つの作品として、とてもおもしろくなっていました。
一番の勝因は、おそらく、夏野のことが気に入ったからだったんですけれどね。
原作は登場人物が多過ぎて、1人1人に深く感情移入するということがなかったのだけれど、アニメの夏野は非常に魅力的な主人公の1人になっていました。
原作の夏野は死んで終わりだったので、人狼として“起き上った”時はびっくりしましたが{#汗々} 最後の最後、昭が生きていたのにも驚いたけど。なんであの状態で生き延びられたの!? と思ったけれど、ちょっと考えれば、夏野が人狼として起き上っていたのなら、当然、昭を助けたよなあ、と。その辺りが、原作との最大の違いかな。
若御院が人狼になったというのも、原作とは違う点だったかと思いますが……。正直、私には若御院がああまでして沙子を助ける理由がわからないんですけどねぇ。原作でも、アニメでも。
「屍鬼」の主人公たちの中で、一番、感情移入できなかったキャラが若御院でした。ある意味、一番人間らしい人なのかもしれないけれど。

まあともかく、Amazonのレビューを読んでみても、賛否が両極端。原作ファンで最初は「こんなのを『屍鬼』だとは認めない!」と思いながら、アニメ「屍鬼」のファンに“寝返った”私みたいな人もいれば、「最低!」と言う人もいる。レビュー読んでてもなかなか興味深いです。
もっとも、私が原作を読んだのはもう10年近く前だったこともあって、さすがに細部を忘れているし、1歩引いて別物として観れるだけのインターバルがあったのかな、とは思います。原作を読んだ直後だったら、受け入れきれなかったかも。

アニメの元になったのは、原作の小説ではなく、それをコミカライズしたマンガだということは、前編が終わった辺りで知ったのですが、おそらくそちらのアレンジがうまいのだろうと思います。マンガは未読なので、機会があったら読んでみたいと思います。
が、それより! 原作の『屍鬼』を読み返したい! 原作、どこ行ったんだろう~……まだ今の家に引っ越す前に読んだから、ひょっとするとダンボールに入れたまま押し入れの奥かなあ…{#(¨;)}
とはいえ、読み返すの、耐えられるかなー……(^^;) 当時、上巻の最後の方が、あまりにも次々に人が死んでいくので読み進むのが辛かったんだよねぇ。その分、下巻は一気に読んでしまいましたけど。
アニメでは“起き上り”としか出て来なかったけど、確か原作には起き上ることを“甦生する”という言い方をしていました。実家に帰る途中に、「○○甦生病院」という病院があって、『屍鬼』を読んでいた間、その看板を見る度になんとなく不気味な気分になったものでした。全然関係ないんだけど。(笑)

宇宙人や未来人や超能力者がいたら、私のところへ来なさい

2010年12月05日(日)

平野綾ちゃん、かわいかった~{#♪}
そして、それ以上に、「私、ドラゴンボール出てます」の一言で一気にテンション上がったfutariがかわい過ぎ{#ラブラブ♪}て、どうしようかと思った。(笑) 思わず握手している剛くんを「お前~!」とぶった光一くん。なんか小学生の男の子がじゃれてるみたいなんだもの。30過ぎてそういうかわいさは反則だと思います!(爆)

光一くんが「ハルヒ」を観たことあるって言ったのは意外だったな。「ハルヒ」ってキー局では放映していないんだよね。東京MXなんて観るんだーとか、その前に、ついこの間、「テレビ観ない」って言ってなかったっけ? とか思ったり。(笑)
ちなみに私はキャラも声も朝比奈みくるちゃんが好きです♪
(とはいえ、「ハルヒ」には「エンドレスエイト」という汚点があるなー。あれは今思い返してもうんざり{#ひくわ~}

ほんのちょっと「獣王星」の話題も出て嬉しかった{#♪♪} まあ、はっきり「獣王星」とは言わなかったですが、「(声を)演ってた」といえば、やっぱりトールだもんね。(クレヨンしんちゃんにも出たことあったけど。(笑))

声優さんたちが声をあてる時、絵が間に合っていないことが多いということは、アニメおたくなら割りと皆知っていることだと思うし……以前、ほんの少しだけど製作側にいた者としては、大変申し訳なく思いますが{#汗々}(いやでも、製作現場はアフレコ現場よりよっぽど悲惨なことの方が多いのよ{#汗々} 若くて体力あるうちじゃなきゃやってられませんって{#汗タラリ})、私は中学生の頃だったかな、一度スタジオに見学に行ったことがあったんだよね。うちの親が勤めていた会社がスポンサーになっていたアニメがあって、担当者が父の友人だったので特別に見せてもらえたの。私が見学させてもらった時は、珍しく絵が間に合っていたなあ、とふと思い出した。
あの時の作品の主役は小山茉美さんだった。クライマックスに叫ぶシーンがあって、普通に話すセリフはマイクの前にいるのに、叫ぶ時は後ずさりしながらマイクから1m以上も離れて声を出して、それがすばらしくよく通る大きな声で……声優さんってやっぱり発声が違うなあ、と思ったっけ。もう・・年も前だな。(笑)

まあ、しかし。ピースの2人はホントに要らなかったなw
というか、ピースはピースで他の日にゲストに来たらいいのに。どうせなら、今回は平野綾ちゃん1人ゲストにしてもらって、もっとじっくり声の話を聴きたかったよ。最近の堂本兄弟はトークで話を広げるより変なコーナーばかりやってる気がして、なんか物足りない。一問一答も、やりっ放しで終わってるし。ワンパターンを変えたいのかもしれないけど、ゲストの話をちゃんと聴いて展開していってほしいなあ、と思います。

というかさー、やっぱり、「LoveLoveあいしてる」に戻そうよ{#汗タラリ}

まさか知ってたとは。(笑)

2010年11月04日(木)

先週の新堂本兄弟、AKB48がゲストでしたが。
「ものすっっっごいオレ、篠田さんと噂になってんねんて。すごいらしいよ」
って王子が言うから、びっくりした。噂のこと知ってたんだ~。
いや、私もちょっと聞いたことはあったけど、そんなものすごく噂になってたんだ? というか、どれがホントか、どれもホントじゃないか知らないけど、篠田麻里子ちゃん以外にも何人か「つき合ってる」って噂はあるよね。

篠田麻里子ちゃんは噂を知らなかったのか、それとも、その話を振られるとは思わなかったのか、かなりびっくりしたような顔をしていたね。

私は、AKB48の子で一番最初に覚えた(というか、他はほとんど知らないんだけど{#汗々})のが、篠田麻里子ちゃんだったりする。
王子と噂になったからじゃないよ。(笑)

去年、「戦う司書」の放送直前特番でナビゲーターをやっていたから。
その時のミレポックのコスプレがめちゃ似合っててかわいくって、思わず特番を観ちゃったんだよね。
最初、「戦う司書」はアニメ本編も特番も観る気は全くなかったのに、彼女があの格好でCM(番宣)しているのをたまたま観てしまって、思わず特番を観ちゃった。(笑) で、アニメ本編もその流れで観てしまった、と。
もし彼女がミレポックのコスプレ姿でナビゲーターをしなかったら、間違いなく「戦う司書」はスルーしたな。そもそも最近、あまりアニメは観なくなっているし。

光一くんとの噂を聞いたのは、それよりだいぶ後だったな~。

まあしかし、それでどうと思うこともなく。というか、言われるまで忘れていたし、よもや本人の口から「噂があるねんて」って話を番組中に出されるとは思わなかったので、びっくりしたのでありました。

しかし、「48人はさすがに難しいから、14人で」って言ってたけど、14人でも多いよな~{#汗タラリ} カメラさんが苦労したのではないかと、ちょっと思ってしまいました。
まあ、KinKiの2人が楽しそうだったから、たまには若い女の子たくさんのゲストもいいかもね。(そんなオチ?(笑))

……(呆)

2009年07月26日(日)

『涼宮ハルヒの憂鬱』
通常、何かの作品について語る時は、極力、公式サイト等にリンクを張ることにしているのだけれど、脱力しきっているのと、奇特な閲覧者様にこんなところに飛んでもらって見てもらうのはあまりに申し訳ないのでリンクはしません。

新作よりも再放送分が見たくて見始めたので、一応、見続けていますが(再放送分がまだ残っているから)、6話連続変わらない話に心底うんざり。駄作もいいとこだな、こりゃ{#汗タラリ}
前作の再放送と混ぜて放映した意味が改めてわかった。そうしなかったら、絶対、誰も観ないでしょ{#汗タラリ}

アニメ史上最低の駄作、と言い切れると思います。
たぶん、これ以上の駄作が制作されることは、金輪際ないように思う。というか、これ以上の駄作が想像つかない{#汗々}

つくづく懲りたので(時間のムダ{#怒})、今期の放送分が終わった後、たとえ新作(新シリーズ)があったとしても、もう観ないだろうな。もともと、そこまで思い入れのあるアニメではないしね。

対して、ほとんど期待せず……というか、むしろ違和感を払拭できずに途中で観るのをやめてしまう可能性大だと思いながら見始めた、『真マジンガー 衝撃!Z編 on televition』はめちゃくちゃおもしろい!
子供の頃に大好きだったアニメのリメイク版は、旧作への思い入れが強過ぎて観ていられなくなることが多いんだけど、違和感なんて吹っ飛びました。
ヘタに同じストーリーにしなかったことが勝因でしょうね。全く別の作品として楽しめているので、声優さんの違いも気にならないし。
ただ、ロボットアニメとしての派手なアクションを期待している主に当時の少年たち(=今やおっさん(笑))には不評のようです。
私も、もし今子供だったら、ストーリーのおもしろさがわからず退屈していたかも。そういう意味では、大人向けな作品なのかもしれないな。
なんにせよ、かなりハマってしまったので、DVDまで予約しちゃいましたよ。(笑) 小遣いに余裕ないし金食い虫をたくさん養っているので、アニメのDVDは買わないように控えていたのにな~。(^^;)

ページ移動

ユーティリティ

カレンダー

«  2017年04月  »
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

プロフィール画像
HN:マナ
棲息地:神奈川県の海沿い。
既婚、子無し、専業主婦。
More...

ねこちか


Name:シュウ
Sex:female
birthday:2008.11.21
by ユル・いんしょう派の系譜

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

新着コメント

Re:大根
2014/01/19 from マナ
Re:大根
2014/01/19 from くろみき
Re:彼の人の才能にスポットライトを
2013/04/01 from マナ
Re:彼の人の才能にスポットライトを
2013/04/01 from 管理者のみ
Re:大阪でSHOCK!
2012/12/11 from マナ

KinKi Blog りんく

KinKi Blog りんく

タグクラウド

Amazon

Feed