エントリー

2008年09月の記事は以下のとおりです。

どうしてかなあ…

2008年09月22日(月)

お母さんじゃないといいなあ、と思ってた。
福岡小1殺害、母親を殺人容疑などで逮捕

とっても残念だけど、“やっぱり”と思った。
変だったんだよね。弘輝君を一緒に探したという女性のインタビューの言葉が。
「GPS携帯で居所がわかるかもって、お母さんが携帯で探してた。携帯を持つ手がブルブル震えてた」
そう言いながら、女性は、なぜか車のカードキーを携帯に見立てて説明していたのだけど、その震え方が尋常じゃなかった。そんなに震えてたら携帯の操作なんてできないだろうってくらい激しい震え方。

女性が大げさに言ってた、という可能性もないではないんだけど、それにしても、違和感を覚える。
わが子がいなくなって母親が慌てている、震えるっていうのは不自然なことではない。でも、まだ何かあったとは確定していない段階で、そんなに激しく手が震えたりするものだろうか?

まだ明るい時間帯、そこそこ人出のある公園の中。近所では、「安全な場所」と言われている公園だったそうだ。子供がいなくなっても、単に何かに興味を引かれて自分からどこかへ行ってしまい、迷子になった可能性の方が高い。しかも、弘輝君は3つ4つの幼児ではなく、小学校1年生。それなのに、その激しい震え方。なぜそこまで動揺していたんだろう?――と。

大ボケな私ですら違和感を覚えたお母さんの動揺。周囲や、まして警察が不審に思わないわけがない。でも、もしお母さんが犯人でなかったなら、わが子を殺されたうえに犯人扱いされたりすれば、どれだけ傷つくことか……。そう思うと、
「早く犯人が捕まりますように。殺された子のためにも、お母さんのためにも」
そう思っていた。

でも……。

そして、どういうわけか、こういうことは続く。今度は千葉で5歳の女の子が殺された。
白昼の路上に5歳女児遺体、着衣なし…千葉・東金

幸満ちゃんは、誰に殺されたんだろう。こちらも、嫌な想像がよぎる。もちろん、お母さんということは100%あり得ないから、そういうことではなく。
ワイドショーでは、元警察の人(?)か誰かが、「服を脱がせて捨てたのは身元をわかりにくくするためだろう」とか何とか言ってたけど……。

小さな子供が殺されると、本当に辛い。
殺したのが親だなんて、更にたまらない。

そして、いつも考えてしまう。
同じ人間の子供を、血を分けた、お腹を痛めて産んだわが子を殺してしまえる人さえいるのだ。小さな動物たちの生命など、何とも思わない人たちがいても不思議はないのかもしれない、と。

だけど、諦めたくはないよね。
どんな小さな命に対しても思いやりに満ち溢れた世界になりますように――

“伏線”

2008年09月18日(木)

母のところに弟から電話がきた。
「あ、○○(弟の名前)だけど」
母が、
「○○? なんか声違うね」
と言うと、
「うん、風邪ひいちゃって」
と答えたそうだ。そして、
「携帯、落としちゃったんだけど、そっちに届いてない?」
ときた。
「届いてません」
と言ったら、
「じゃ、いいや」
と電話を切ったとか。

でも、
「声全然違うし、しゃべり方も違うんだよね~」
だそうで。母は半笑い。違うと気づいてて、しれっと答えてたらしいからたいしたもんだわ。
弟の名前を名乗ったところを見ると、十中八九、振り込め詐欺の“伏線”だろうなあ。きっと2~3日したら、
「携帯、見つからないから新しく買った。電話番号変わったから」
と言って来る予定なのだろう。今って番号変えずに携帯会社を変えられるから、不自然にならないようにってことなんだろうな。
そんでもって、更に数日後、「事故起こして…」とか「会社の金使い込んで…」とか「電車で痴漢して捕まった…」とかで、

「お母さん、ごめん。(えぐえぐ) 今すぐお金送ってくれれば、示談で済むから。ボク、刑務所行きたくないよ~(うわーん、うわーん)」

とかって電話が来るんだろうなあ。
どの手(事故か使い込みか痴漢か)で来るか、ちょっと楽しみだ。痴漢だったら笑えるー。

ちなみに、うちの弟は携帯、持ってませ~ん。心配症の頑固者なんでねぇ。クレジットカードも持たないしネットもしないっていうカンペキおっさん。そこだけで詐欺のお里が知れてるってもんだわ。(笑)

さて、このお粗末な伏線、使われることはあるのか? もし使われて結果を教えてもらえたら、ここじゃなくmixiか十猫十色にでも書こうっと。(笑)

わかりにくいのかな

2008年09月07日(日)

某ボランティアサイトの作成・管理を任されているんだけど、今日、
「『サイトを見たけど、わからなかった』という問い合わせが多いので、コンテンツタイトルに『○○○(単語)』を追加してください」
と言われた。

作り直したけど……うーん、わかりにくいかなあ? ちゃんと読んでもらえればわかるはずなんだけどなあ。(^^;)
でも、自分で作ったサイトって、やっぱり客観的に見れないのかも。自分では見やすく作ってるつもりなんだけど、人が見て「わかりにくい」って思うなら、見やすくないってことだもんね。
自己満足でやってるサイトなら、誰にも見てもらえなくても「まあ、いっか」って諦められるけど(それはそれで寂しいから、なるべくシンプルに作るようにはしてるつもり)、目的があって、広く知ってもらうことが大前提のボラサイトはそういうわけにはいかないよね。

一度、予備知識が全くなくて遠慮なく批評してくれるような第三者に見てもらったらいいかなあ。

プロのWebデザイナーさんとか、すごいなあってつくづく思うわ。まあ、「えー、これほんとにプロが作ったの?」って思うような独りよがりのレイアウトもあるけどね。(^_^;)

ページ移動

  • << 前のページ
  • 1
  • 次のページ >>

ユーティリティ

カレンダー

«  2008年09月  »
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

プロフィール

プロフィール画像
HN:マナ
棲息地:神奈川県の海沿い。
既婚、子無し、専業主婦。
More...

ねこちか


Name:シュウ
Sex:female
birthday:2008.11.21
by ユル・いんしょう派の系譜

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

新着コメント

Re:大根
2014/01/19 from マナ
Re:大根
2014/01/19 from くろみき
Re:彼の人の才能にスポットライトを
2013/04/01 from マナ
Re:彼の人の才能にスポットライトを
2013/04/01 from 管理者のみ
Re:大阪でSHOCK!
2012/12/11 from マナ

KinKi Blog りんく

KinKi Blog りんく

タグクラウド

Amazon

Feed