エントリー

タグ「高橋ひろ」の検索結果は以下のとおりです。

楽しみが多いのはいいことです♪

2015年06月16日(火)

イロイロお知らせがあって嬉しいですね。(^^){#♪}

Mステに続いて少クラP、Mフェア、音楽祭等々……ソロだけでなくKinKiでの出演もあるのが何より嬉しい。
そして、意外だったのがドラマ「陰陽師{#!} なんと時代劇!
博雅役なんですねー。殺陣もありますね。楽しみ~\(^o^)/{#キラキラッ}

原作ファンとしては……正直に言って、映画化された時のかの役の人が、私のイメージに合わなくて、観ながらすごく微妙な気分になってしまったので(ダンナにグチって呆れられた覚えがw)、今回は安心して観られそうです。今一番楽しみなコトかも。(笑)

あ、いや。最大の楽しみはソロコンだったw

ソロコンといえば、INTERACTIONAL&SHOW ME UR MONSTERのDVD&Blu-rayは、珍しく前日に届きましたよ。(Amazonさんからのフラゲw)
せっかく発売日前に届いたので、その日の夜に観ましたが、2曲ともミュージカルっぽいですねぇ。衣装といいSHOCKみたいだな~と思いました。
どちらかといえばINTERACTIONALの方が好きだな。ファルセット連発{#ハート} そのせいか、高橋ひろさんの楽曲に似てる気もして、ちょっと懐かしい気分に。彼が生きていたらKinKiか光一くんに曲提供してほしかったなあ{#涙}
なんて、言っても詮ないことですね。

相変わらず外泊&長時間の外出は難しいので番協とかには行かれないし、ソロコン以外はお茶の間ですが、先の楽しみが多いのはいいことです。(*^.^*)

あ、気づいたらKinKi blog りんくさんが更新になっていました。
管理人様、お忙しそうなのに素早い対応をありがとうございました。m(__)m

彼の人の才能にスポットライトを

2013年02月26日(火)

一昨日の「新堂本兄弟」のゲストは倖田來未さん。「ベストヒットたかみー」でのセッションは、彼女がカバーした小沢健二氏の曲「ラブリー」だった。
こうしたカバー曲を聴くたびに、誰か「アンバランスなkissをして」(アニメ『幽遊白書』のエンディング曲)以外の高橋ひろ氏の楽曲もカバーしてくれないだろうか、と思ってしまう。メジャーになれるだけの声と才能を持ちながら、41歳という若さで亡くなったシンガーソングライター。
「アンバランスなkissをして」「太陽がまた輝くとき」でブレイクしたものの、所属事務所(メディア・レモラス)が倒産し、歌い手としての活動は暗礁に乗り上げてしまった。そのうえ彼自身、病と闘いながらの音楽活動だったのだそうだ。メディア・レモラス解散後、歌手としてより作曲家としての活動に重点を置いていたのは、そういう理由もあったのだと、彼の訃報を聞いた後に知った。

大切に取ってあるFC会報のプロフィールには、「痩せてるけど健康です」と書いてある。それを見る度、
「嘘つきだね」
と、苦く笑ってしまう。
「実は病気です」などとファンに言えるはずもないのはわかるけれど、それならわざわざ「健康です」なんて書かなくても良かったのに――

「アンバランスなkissをして」は何人かのアーティストがカバーしているらしいのだけれど、彼は多くの歌を遺しており、他にも良い曲はたくさんある。
「いつも上機嫌」「恋のリベンジ」「くちびるがほどけない」「夜明けのページボーイ」「幸せのパイロット」……etcetc

彼がもうこの世にいないのであれば、せめてあの名曲たちに、もっと世に出て欲しい。
誰かカバーしてくれないだろうか……。
でも、誰であれば、ファンが満足できる形に仕上げてくれるだろうか、とも考える。
彼の歌に合う、そして才能に見合うと思える声の持ち主には私は未だ出合えていない。

或いは、同じ“魂”をもつ人

2010年01月15日(金)

2010年1月4日放送の「歌スタ!! りべんじスペシャル」でリベンジに挑戦した柏木正徳くん。現在、私のハードリピ率No.1です。

「歌スタ!!」は始まった当初から観ているお気に入り番組の1つなのだけれど、深夜放送なので、たいてい録画して観ています。翌日、時間が空いた時に細切れに見られるし、気に入った歌い人さんは編集して残すことができるので、一石二鳥。
ただ、そこはやはりずぶの素人さんのオーディション番組。残しておきたいと思うほどの人は、さして多くなく、今までに残した人は片手に余るくらいだし、たいていは「よろしく」札が上がった人です。

柏木くんが初めて「歌スタ!!」に挑戦した2009年5月の出場時には、残念ながら誰からも「よろしく」札が上がらず、敗退してしまいました。
敗退した場合、次はないので、ちょっとくらい「いいな」と思ったとしても番組ごと削除してしまうのですが、彼の歌声があまりに素敵で消すことができず、編集してDVD-Rに落として残しておきました。
彼を良いと思った人は、やはり多かったのでしょうね。今回、選ばれて「りべんじSP」に出ることになり、再び聴いた彼の歌声は、前回より更に透明度と深みが増していて、聴き惚れてしまいました。
「運命のファイナルジャッジ」の時は、本気で「誰か『よろしく』上げてー!!!」と叫んでしまったくらいです。(爆)

そうして、叫びが通じた……わけでは、もちろんないけれど、ブジ「よろしく」札をゲット! やったっ\(^o^)/

と、いうわけで、昨年の最初の出演時の歌「中央線」と共に、「りべんじSP」で歌った「Forget-me-not」は、めでたく永久保存版入りを果たしまして、ここ数日、毎日のように何度も繰り返し聴いているのです。うーん、ほんと、良い声だわ~{#ステキ~}(笑)

もっとも、歌唱力はまだまだです。でも、伸び代はあると思うんだよな。
藤井フミヤも、チェッカーズとしてデビューした時の映像を後で見て、唖然としてしまったくらいヘタっぴだったしね。(笑)
プロとして歌っていけば、どんどんうまくなれる素質があると思います。

ただ、まだデビューが決まったわけではなく、これから最終プレゼンをパスしなければなりません。
「歌スタ」でここまで気に入った人は初めてってくらいなので、ぜひぜひぜひ、最終プレゼンでハンター'sボスのハートをがっちり掴んで、デビューを射止めてほしいと思います。
ただ、彼の世界観を本当に生かしたいのなら、作詞作曲を学んで、いずれはシンガーソングライターになることを目指してほしいな、と思います。

 

 


そんな風に思うのは、柏木くんを見ると、今はこの世にいない、ある人を思い出すからなのかもしれないけれど。
声もルックスも雰囲気も全然似ていないのに、なぜか似ていると思ってしまう。
それはきっと、彼が、ハンターにアピールする時、
「大きな夢だけれど、自分の歌で人を幸せにしたいんです」
と真摯に語った、その言葉が、心が、かの人と重なるのだろうな、と……。

40歳という若さで逝ったシンガーソングライターの、彼――高橋ひろさんと。

“いつか”という日は永遠に来ない

2009年09月26日(土)

初めて観た。プロモーションビデオなのかな?


大好きだった人。今でも大好きな人。
この人の作る曲にも詞にも声にも本当に惚れていた。もう2度とこんな歌を作り、こんな声で歌うアーティストには出合えないだろうと思う。

……たぶん、彼はこんな後悔はしてほしくないのだろうと思うのだけれど、どうしても後悔してしまう。
結婚して、環境が変わって、新しい生活に慣れきらないうちに野良猫問題でご近所とトラブルになって――そんな中で、FCの期限が切れたことに気づく余裕もなく、過ごしていた。
ようやく生活が落ち着いた頃には、彼が所属していたレコード会社は解散し、FCも連絡が取れなくなっていた。私は、彼の“行方”を知る術を失ってしまった。が、敢えて情報を探そうとはしなかった。
「あれだけの才能をもった人が、このまま消えるはずがない。すぐに出て来るだろう」
と、のんきに構えていた。
時折り、CDショップに寄った時、新譜情報の中に彼の名前がないか探す程度で、何の疑いもなく、「またいつか“出合う”日がくるだろう」と信じていた。
一度だけ、ネットで検索してみたことがあったような気はするけれど、何も情報が出て来なかった。――という、朧な記憶がある。

“再会”は、数年後にもたらされた訃報だった。

亡くなってから知った彼の“その後”は、歌い手よりも作曲家としての活動に重点を置き、時折りライブハウスでライブを開いていたらしい、というもの。
もっと真剣に探していれば、見つけられたかもしれないのに……。

気持ちが薄れたわけではなかったのに、なぜ探そうと――見ようとしなかったのか。
彼のファンになった当時同様、独身のままで生活に変化がなかったら、探し出す余裕もあったのだろうか。
後から考えたところで答えは出ない。
ただ、私は探そうとしなかった――そんな苦い後悔が、ずっとぬぐえないでいる。

こんな後悔も、未だに歌を聴くと泣いてしまうことも、彼はきっと望んでいない。
彼の望みは、自分の歌を聴いた人が元気になったり楽しくなったり幸せな気持ちになってくれること。
彼が作る歌、歌う歌は、どれも本当に明るく優しく、温かさに満ちていて楽しいのだから。
そうは思うのだけれど……。

ページ移動

  • << 前のページ
  • 1
  • 次のページ >>

ユーティリティ

カレンダー

«  2017年08月  »
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

プロフィール画像
HN:マナ
棲息地:神奈川県の海沿い。
既婚、子無し、専業主婦。
More...

ねこちか


Name:シュウ
Sex:female
birthday:2008.11.21
by ユル・いんしょう派の系譜

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

新着エントリー

新着コメント

Re:大根
2014/01/19 from マナ
Re:大根
2014/01/19 from くろみき
Re:彼の人の才能にスポットライトを
2013/04/01 from マナ
Re:彼の人の才能にスポットライトを
2013/04/01 from 管理者のみ
Re:大阪でSHOCK!
2012/12/11 from マナ

新着トラックバック

Re:すべてはステージのために
2017/08/04 from 承認待ち
Re:すべてはステージのために
2017/07/30 from 承認待ち
Re:すべてはステージのために
2017/07/28 from 承認待ち

KinKi Blog りんく

KinKi Blog りんく

タグクラウド

Amazon

Feed